Southern Cross.Net

車とゲーム(たまにアニメ)のお話が中心のぶろぐです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第2回 新東京サーキット  レーシングカートオフ会

SA3A1041kkkk.jpg

忘れた頃に更新です^^;

昨年同様詳しい内容はtorafuguさんが記事にしてくださいましたので、今回も私の個人的感想をメインに書きます。toraさんの詳細な記事はこちらをご覧ください。





カートオフの準備といえばアミノバイタルとヴァームなのですが今回は当日にヴァームゼリーとウォーターを2本づつ4本買いました。薬局が込んでいて電車を一本逃してしまい皆様にはご迷惑をおかけしました、すみませんでした;あと、4本では足りなかったので次回はアミノバイタルと減るしあでも追加して合計9本くらい持っていこうかと思います。


待ち合わせ場所につき、毎度綺麗なグレープさんの206に乗せていただき、途中のSAでうどんを食べていざサーキットへ。前回同様チームオウガストさんにお世話になります。
監督さん覚えててくれるかな~と淡い期待を持ちますが
監督「お客さん何回目ですか~?」
「あ、去年もきたので2回目です~」
監督「そうですか~」

すっかり忘れられていましたorz

完全に忘れられているようなので昨年とまったく同じ質問を監督さんに聞いてみます

「初心者だとどのくらいのタイムで走れればいいですかね~?」

すると去年と同じ感じで

監督「初心者の方はまずタイムを狙うよりも、徐々にカートに慣らしていくのがいいでしょう。壊してしまったらその後遊べなくなってしまいますので。頑張るのは~時過ぎくらいからでいいでしょう」

去年と同じです。やっぱり初心者の人には同じことを言うんだなぁ~と思っていたら

監督「まぁ~43秒切れるようになればいいんじゃないでしょうかね」

あれ?確か去年は47秒くらいって言ってたような…2回目でいきなりハードルが上がった感じです(笑)
ちなみに去年は誰も43秒切れてませんでした^^;


で、いろいろあり各自昨年よりも確実にレベルアップし(スタミナは落ちたか!?)楽しいカートオフは終了しました(タイム等の詳細はtoraさんの記事をご覧ください!)

最後になりましたがgrapeさん、toraさん、donさん、楽しい時間をありがとうございました。あらゆる場面でお世話になりっぱなしで、自分も見習いたいです;やっぱり一人より、皆で走ったほうが得るものがはるかに大きいです。



さて、ここからは昨年も書きましたが新東京サーキットの攻略です。今回タイムアップできたのは路面コンディションもありますが、前回の反省が活きたのは確実です。特に3コーナーは改善できたんじゃないかと思います。



※前回のメモ
1コーナーはアクセルを抜くと不安定になるのでできるだけ踏んで抜ける

2コーナーは突っ込みすぎに注意、ブレーキを残す場合は突っ込んでもいいかも

3コーナーはブレーキを使わないでハンドルの抵抗で抜けたほうが良いかもしれない、それができるラインはありそう

4コーナーは内側の縁石をつかずに、全開で抜けられるラインが最高

5コーナーはインでまわりたい

6コーナーは白い縁石までいく

7コーナーは・・・もっと走ってみないとなんとも…改善点はある


全体としてシートをぴったりあわせたいのと、コーナー進入でアクセルを煽りたい(リアが出そうなときに)、煽るのが必要なくらいで切り込んでいくのがはやそう。ヴァームとアミノバイタルは必須!



昨年も書きましたがだいたい走り終わって1日くらいたつと、頭の中が整理され、あそこでもっとこうできたとかいろいろやりたいことが見えてきます(理想は走ってる最中にどんどんイメージを更新して改善点をみつけられることなんですけどね;)。


1コーナー

全開でも余裕があった。進入でゆっくりハンドルを切って(曲がるか曲がらないかの状態)右フロントに荷重をかける(第一段階) かかった荷重を意識しながら更に荷重をかけるようにゆっくりハンドルを切り込んでクリップを目指す。(第2段階) クリップでは出口をしっかりみる、かなりGがかかるので体ごと外にもってかれそうになりますが顔だけは出口の先を見ると曲がりやすい。

一気に向きをかえるのではなく、段階的に荷重をかけることでグリップ的には余裕を持って全開で抜けられるコーナーだと思います。


2コーナー 

慣れてくるとこのコーナーが実は全体のタイムにかなり影響してくる気がする。まずブレーキングをうまく決めないといけない。カートはリアのみのブレーキなので一気にガツンと最大性動力で踏み始める(今回最初はじわっと踏み込んで奥で調節してた、ブレーキは次回絶対試したいポイント)。リアが出そうな感じで進入したい、できそう。でも旋回速度重視。3コーナーは絶対に捨てられないコーナーなので2コーナーの立ち上がりのラインはやや犠牲にする、というかうまく荷重かかるとインベタで速い速度でまわれる。


3コーナー 

ここのアプローチで6コーナーのブレーキングポイントまで全部のリズムが変わる。クリップは奥、4コーナーの進入のためにミドル以内で立ち上がる必要がある。ここの旋回速度(ボトムスピード)は上げたいが上げすぎると4コーナーが厳しくなる、でも今のところ4コーナーが厳しくなるほどのスピードではまわれていない→アウトから速度乗せていくとクリップ手前で滑って失速→アウトいっぱいより小さく回ったほうが距離が稼げて結果的に早い?通過速度結局同じになりそうだし…


4コーナー 3コーナー次第で微調整  縁石に乗せないで全開で抜ける


5コーナー 縁石乗れる、全開 コースインしたばっかだと振動が気になるこーなー

 
6コーナー

はじめのうちは早めにブレーキしてしっかり内側の縁石をまたいで速く旋回できるようにする。 思ったより早めに切り込んでいったほうがいいのか、ましかしたら1コナみたいに丁寧にいったほうがいいのか?前者ならアプローチは2コーナーと似てるようなきがする。


7コーナー  

走りこみたい、もっと早く走れるラインはある。外側の縁石に対して平行に進入すると安定する
速い人はものすごいアウトからアプローチしてた。



あとは全体的に癖でエンジン回転を落とさないようにアクセルをはやく開けよう開けようと焦っている感があるので見直す。エンジン回転に影響する重要なポイントは旋回速度。
シートはほんとにぴったりあわせたい、それだけで平均コンマ5は上がるようにおもいます・・・
スポンサーサイト

| その他 | 21:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://leaf51.blog29.fc2.com/tb.php/174-b23c1587

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。